直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > くらし > 市に寄せられた情報 > イベントのご案内 > シンポジウム「直方の歴史まちづくりを語る」
くらし
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

シンポジウム「直方の歴史まちづくりを語る」

更新日 2019年03月13日

平成30年10 月、直方市に残る「旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所」(現石炭記念館本館)と「救護練習所模擬坑道」が国指定史跡として登録されました。国指定史跡の認定は直方の歴史においてはじめてのことであり、あらためて直方の歴史的財産について関心が高まっています。

直方市ではこれらの史跡だけではなく、旧直方駅舎(車寄せ)の復原や地の底で生きた人々を記録しつづけた作家上野英信氏が主宰した「筑豊文庫」の再生に取りくんでいます。 この好機に市民のみなさまとともに直方の「歴史まちづくり」について語り合うことは、直方の未来にとってとても大切なことだと思います。

これら有形無形の歴史的財産をただの昔話のノスタルジーに終わらせないために、いま、私たちはこれらの財産を過去から未来へ引き継ぎ、生かしていく新しい物語を創っていかなければなりません。 市民のみなさまとの対話と語らいをとおして、直方の新しい物語がつむがれていくことを願って、この度のシンポジウムを開催します。

とき

平成31年3月26日(火曜日) 午後2時

ところ

直方市中央公民館

案内チラシ

チラシPDF (1535KB; PDFファイルPDFアイコン)

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする