直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種について(1・2回目)

新型コロナウイルスワクチン接種について(1・2回目)

更新日 2021年12月03日

お知らせ

  1. 接種日当日の年齢が15歳以下の方は、保護者の同伴が必要です。
    また、予診票に保護者の署名が必要となり、署名がなければワクチンの接種は受けられません

更新情報

【令和3年12月3日】

個別医療機関一覧を更新しました。


直方市・宮若市・鞍手町・小竹町の医療機関のみなさまへ

コロナワクチン接種請求について

1、直方市・宮若市・鞍手町・小竹町の方に接種した場合)

接種された方の接種当日の住民票が直方市・宮若市・鞍手町・小竹町の方は、直接それぞれの市・町へ

の直接請求を行っていただくことになります。福岡県国民健康保険団体連合会への請求の必要はございません。


 接種日当日直方市に住民票がある(請求先)直方市役所新型コロナウィルスワクチン接種対策係 となります。

 請求書の様式につきましては、直方市・宮若市・鞍手町・小竹町宛ては、共通様式となります。


新型コロナワクチン接種費用等請求書(共通様式:自動計算用) (26KB; MS-Excelファイル)

新型コロナワクチン接種費用等請求書(共通様式:手書き用) (27KB; MS-Wordファイル)


2、1以外に居住の方への接種した場合の請求について

実施に関する手引きおよびV-sys(ワクチン接種円滑化システム)(厚生労働省HP)

福岡県国民健康保険団体連合会請求について(福岡県国民健康保険団体連合会HP)




1.直方市の状況

直方市では、新型コロナウイルスワクチンの個別接種を行っています。

個別接種で使用しているワクチンはファイザー社製です。

接種の時期や場所などは以下のとおりですが、変更となる場合があります。新たな情報が決まり次第、順次更新していきます。

注意ワクチン接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

2.接種対象

満12歳以上の方


3.接種時期

接種券は、13歳以上の方へ発送を完了しています。12歳の方については、年齢到達後に順次発送します。

注意接種券は住民票に記載の住所へ送付します。届かない場合は、住民票がある市町村にお問い合わせください。(直方市に住民票がある人は、直方市新型コロナワクチンセンターへお問い合わせください。)


対象者 予約開始
13歳以上の方 予約受付中
12歳になる方 接種券が届き次第、予約可能

12歳~15歳の方への注意事項

  • 接種時には、保護者の同伴が必要です。同伴がない場合、接種をお断りさせていただきます。

16歳~18歳の方への注意事項

  • 予診票の「電話番号」欄に、必ず保護者と連絡のとれる緊急連絡先を記入してください。
    (予診や接種の際に保護者へ連絡する場合があります。)
  • 保護者の同伴は必須ではありませんが、可能な限り同伴をお願いします。


4.接種場所

現在、市による集団接種は行っておりません。

市内個別接種実施 医療機関にて接種を行ってください。

5.接種費用

無料

注意ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください。

6.接種までの流れ

(1)直方市から「接種券」「予診票」「案内書」が届きます。

(2)ワクチン接種ができる医療機関や接種会場を確認してください。

(3)接種の予約をしてください。

(4)接種当日は、「接種券」「予診票」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」「お薬手帳(お持ちの方のみ)」「母子健康手帳(お持ちの方のみ)」を持参ください。

7.集団接種

現在、市による集団接種は行っておりません。

8.  個別接種

予約受付開始日・予約方法は各医療機関によって異なります。

・市内個別接種実施 医療機関 (516KB; PDFファイル)

9.  福岡県が行うワクチン接種について

モデルナ社製ワクチン接種

満16歳以上の方に、接種会場を設け、ワクチン接種を行っています。

詳細は福岡県のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

アストラゼネカ社製ワクチン接種

福岡県に住んでいる18歳以上の方で、海外でアストラゼネカ社製ワクチンを1回接種済みの方、ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等でmRNAワクチン(ファイザー社/モデルナ社ワクチン)を接種できない方を対象としたアストラゼネカ社製ワクチン接種を行います。

詳細は福岡県のホームページ(外部リンク)をご確認ください。

10.予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

詳しくは、予防接種健康被害救済制度ページ(厚生労働省)(外部リンク)をご覧ください。

11.住民票がある市町村(住所地)以外での接種

新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票がある市町村の医療機関や集団接種会場で接種することになっていますが、やむを得ない事情がある場合には、住民票がある市町村以外でワクチンの接種を受けることができます。

詳細は、別ページ「住所地外接種届出について」をご覧ください。

12. 海外渡航用新型コロナワクチン予防接種証明書

「海外渡航の予定がある方」を対象に新型コロナワクチン予防接種証明書の申請受付を開始します。

詳細は、別ページ「海外渡航用新型コロナワクチン予防接種証明書について」をご覧ください。

13. 新型コロナワクチン接種済証明書

医療従事者の方で直方市が発行する接種済証明書が必要な方、新型コロナワクチン予防接種接種済証明証を紛失された方には、申請により証明書を発行します。

詳細は、別ページ「新型コロナワクチン接種済証明書について」をご覧ください。

14.新型コロナワクチンに関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

受付内容

ワクチンの基本情報や優先接種の対象者、副反応の種類・頻度など、様々な相談やお問い合わせに無料で応じます。

電話番号

0120-761770(フリーダイヤル、通話料無料)

注意電話のお掛け間違えにご注意ください。

受付時間

午前9時~午後9時(土曜日・日曜日・祝日も実施)

直方市新型コロナワクチンコールセンター

受付内容

ワクチン接種の時期や会場、接種券などについてのお問い合わせにお答えします。

電話番号

0570-028889(ナビダイヤル、※通話料は発信者負担となります。)

注意電話のお掛け間違えにご注意ください。

FAX

0949-25-1160(直方市役所)

受付時間

午前9時~午後7時(月曜日~金曜日)※祝日は除く

注意副反応等の医学的知見が必要となる相談は、下記の福岡県のコールセンターにてお答えします。

福岡県新型コロナワクチン専用ダイヤル

受付内容

新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応など医学的な知見が必要となる専門的な相談に応じます。

電話番号

0570-072-972(ナビダイヤル、※通話料は発信者負担となります。)

注意電話のお掛け間違えにご注意ください。

受付時間

24時間(土曜日・日曜日・祝日も実施)

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民部 健康長寿課 新型コロナウイルスワクチン接種対策係

電話:0949-25-2290 ファックス:0949-25-1160このページの内容についてメールで問い合わせする