直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症情報

新型コロナウイルス感染症情報

更新日 2021年04月02日

「福岡コロナ警報」が発動されています。

12月12日、「福岡コロナ警報」 が発動されました。福岡県は、感染拡大により、医療提供体制がひっ迫する事態を避けるため、医療機関における病床の準備等の体制整備を進めています。また、県民、事業者に協力要請しています。皆さま、お一人おひとりのご協力をお願います。

《福岡県ホームページより》

「福岡コロナ警報」県民の皆さまに対する協力要請内容 「福岡コロナ警報」事業者への協力要請内容


・新型コロナウイルス感染症ポータルページ (福岡県ホームページ)

・感染リスクが高まる「5つの場面」年末年始特設サイト (内閣官房)


「新しい生活様式」を実践しましょう。

 政府の示す「新しい生活様式」を実践しながら、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図ることが重要です。みなさまには、気を緩めることなく「新しい生活様式」を実践していただきますようご協力お願いいたします。

また、外出や移動に際しては、行き先の感染状況等を考慮したうえでの行動をお願いいたします。

新しい生活様式の実践例

新しい生活様式のチラシ画像

○新しい生活様式(直方市版)A4チラシのダウンロード (3615KB; PDFファイル)

各施設における感染拡大防止対策の徹底のお願い(福岡県ホームページ)


手洗い

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅、調理の前後、食事前などこまめに石鹸やアルコール消毒を心がけましょう。

○手洗い(厚労省ホームページ)外部リンク

咳エチケット

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウィルスが付着し、ドアノブ等触った場所を介して他の方に病気をうつす可能性があります。咳エチケットをおこなってください。

○咳エチケット(厚労省ホームページ)外部リンク


発熱等がある場合の相談・受診方法

発熱等の症状が見られる時は、まず、電話にてご相談ください。
受診の際は、必ず、マスクを着用し、公共交通機関の利用避けて受診してください。 発熱等がある場合の相談・受診の方法

発熱等がある場合の相談・受診方法チラシ →こちらからダウンロードください。

受診・相談センター(嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所)

電話 0948-21-4972(平日8:30-17:00)

○夜間・休日の連絡先(新型コロナウイルス感染症一般窓口)

 電話 092-643-3288

聴覚障がいのある方や電話相談が難しい場合

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、電話以外でも下記相談窓口で対応しています。

聴覚に障がいがある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方

FAX 03-3595-2756

福岡県新型コロナウィス感染症相談窓口

新型コロナウィルスの一般的な相談(24時間対応)

電話 092-643-3288

FAX 092-643-3697

厚生労働省電話相談窓口

電話0120-565653(フリーダイヤル)(受付時間9:00-21:00)

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(厚生労働省HP・外部リンク)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省HP・外部リンク)

新型コロナウイルスに関連した感染症について〔福岡県庁HP・外部リンク〕


新型コロナ対策を踏まえた適正な医療機関の受診について

新型コロナウイルス感染症を恐れて、医療機関への受診を控える傾向が高まっています。

自己判断で受診を控えると、慢性疾患の状態が悪化し、免疫力低下等によりウイルスに

対抗できない状態になることがあります。

まずは、[かかりつけ医]に相談し、コロナ禍においても医療機関を適切に受診しましょう。


○過度な受診控えは健康上のリスクを高めてします可能性があります。

○コロナ禍であっても持病の治療や予防接種・健診等の健康管理は重要です。

○医療機関では感染症防止対策が行われています。

○具合が悪いなど健康に不安がある時は、まず[かかりつけ医]に相談しましょう。


厚生労働省ホームページ(別ウインドウで表示します)

上手な医療のかかり方(別ウインドウで表示します)



新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱、のどの痛み、咳が長引くこと(1週間程前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いのが特徴です。感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ重症化するリスクが高いと考えらます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されてるので注意しましょう。特にご高齢の方や基礎疾患(持病)のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつると言われています。

とくにご注意が必要な方

持病がある方、ご高齢の方、妊娠中の方は、より一層注意してください。また、発熱等の症状が見られたら、毎日、体温を測定し記録してください。

※新型コロナウィルスQ&A(首相官邸HP)

イラストでよくわかる「新型コロナウィルス」とは

以下のホームページで新型コロナウイルスの基本知識、感染を防ぐためにやるべきことなどイラストとともにわかりやすく解説されています。みなさんの行動にお役立てください。

諏訪中央病院 総合診療科 玉井医師作成 ※諏訪中央病院掲載許可済


「新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書」(諏訪中央病院ホームページ)【外部リンク】

ハンカチで作る簡易マスクについて

ここでは家庭で簡単にできる布マスクの作り方を紹介します。

YouTube(文部科学省)

やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策みんなでできること(外部リンク)


このページの作成担当・お問い合わせ先

市民部 健康長寿課 健康推進係

電話:0949-25-2115 FAX:0949-24-7320 このページの内容についてメールで問い合わせする