特別定額給付金について

更新日 2020年05月22日

令和2年4月20日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特別定額給付金事業が実施されることになりました。


【5月21日更新】給付の振込スケジュールを掲載しました。

※振込日についての個別のご回答は致しかねますのでご了承ください。


お問い合わせが多い内容について<よくある質問(内部リンク)>にまとめておりますので、こちらもご確認ください。


制度等概要について

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主
    ※世帯主が基準日以降に死亡した場合で、他の世帯構成者がいる場合には、その中から新たに世帯主となった者
  • 給付額は、給付対象者1人につき10万円(非課税)

制度については総務省のホームページで掲載しておりますのでご覧ください。

 「特別定額給付金」(総務省ホームページ)【外部リンク】

申請・給付について

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、給付金の申請は以下の2通りを基本とし、給付は原則として、申請者(世帯主)本人名義の銀行口座への振込みにより行います。


郵送申請

5月15日に申請書を受給権者(世帯主)あてに発送しました。同封の記載例を参考に記入の上、本人確認、口座名義等が確認できるもののコピーを添付して、申請書を返送してください。

5月22日をこえても、申請書が届かない方はコールセンターまでお電話ください。

給付対象者欄の右にある「※直方市使用欄」は記入不要です。


郵送申請時に必要なもの

  1. 世帯主が振込先として指定する、通帳やキャッシュカードなどのコピー(金融機関、口座番号、口座名義がわかるもの)
    ※通帳の場合は、表紙を一枚めくったページをコピーしてください。
  2. 世帯主の本人確認書類のコピー
    本人確認書類の例:運転免許証、マイナンバーカード(表)、パスポート、健康保険証、年金手帳、身体障がい者手帳等など。
      【生活保護を受給されてる方でこれらが準備できない場合】
    公共料金の領収書、診察券、印鑑登録カード、生活保護受給証明書など住所と名前が確認できる書類のコピーが必要です。

※書類不備の場合は、申請書等を返送させていただきます。

郵送申請受付開始日

令和2年5月18日(月)

オンライン申請

受給権者(世帯主)がマイナンバーカードをお持ちの場合は、内閣府が提供する「マイナポータル」【外部リンク】を利用し申請することができます。

なお、オンライン申請についてはマイナンバーカード以外にも必要な機器などの要件がありますので、総務省の特別定額給付金のホームページ【外部リンク】や、マイナポータルのホームページ【外部リンク】でご確認ください。

オンライン申請に関する注意事項

  • オンライン申請の手続きを行うことができるのは、世帯主です。世帯主のマイナンバーカードのみで、申請することができます。世帯主以外(ご家族など)のマイナンバーカードでは、特別定額給付金の申請はできません。
  • オンライン申請手続きの中で、マイナンバーカード受け取り時に設定した暗証番号が必要となります。
  • 暗証番号を数回間違って入力した場合、ロックがかかります。ロックしてしまった場合は、市役所にて解除が可能ですが、窓口の「密」の防止の観点から、郵送申請をご検討ください。
  • マイナンバーカードは申請後、交付まで1カ月半程度かかります。現在、マイナンバーカードをお持ちでない場合は、郵送による申請のほうが早く給付金の手続きをおこなえます。

オンライン申請受付開始日

令和2年5月11日(月)

給付

  • 受給権者(世帯主)様の本人名義の銀行口座等へ振り込みます。
  • 給付を5月26日から開始します。スケジュールは以下を予定しています。
  • 申請内容などに不備があった場合には、市による確認が必要となるため、給付が遅れることがあります。
  • オンライン申請及び郵送申請の到着順で処理をさせていただきます。

【振込スケジュール(予定)】※随時更新

振込予定日 対象件数等
5月26日(火) オンライン申請を早期にされた方(概ね5月14日までに)
6月4日(木) 到着順で約5,000世帯(オンライン及び郵送)
6月9日(火) 到着順で約10,000世帯(オンライン及び郵送)
6月12日(金) ※随時更新
6月16日(火) ※随時更新
6月19日(金) ※随時更新

直方市の給付対象世帯数は、約27,000世帯です。

受付期限

令和2年8月18日(火)消印有効


配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方への支援

配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

  1. 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
  2. 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方への支援(総務省) PDFのアイコン(545KB; PDFファイル)

問い合わせ

よくある質問(内部リンク)

<直方市>特別定額給付金コールセンター

令和2年5月7日より特別定額給付金に関する問い合わせ用のコールセンターを設置しております。

  • 電話:0949-25-2283
  • 午前8時30分から午後5時00分まで(土日祝除く)

障がい等でお電話での問い合わせが難しい方は次のファックス番号よりお問い合せください。

ファックス:0949-25-2135(※ファックスによる申請はできません)

新型コロナウイルス感染拡大に便乗した、「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

  • 市役所や国の職員などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
  • 給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
  • 現時点で、市役所や国の職員から住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。

少しでも不審な電話や郵便物だと思ったら、消費生活センターや最寄の警察署にご連絡ください。