直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 予防接種 > 家庭でできる予防策(インフルエンザ編)
健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

家庭でできる予防策(インフルエンザ編)

更新日 2019年01月16日

インフルエンザは空気中に拡散されたウイルスによって感染します。予防法は次の5つと予防接種です。

 

せきのエチケット

せきやくしゃみをすると、ウイルスが空気中にとびだします。せきやくしゃみをするときは、ティッシュなどで口や鼻をおおい、顔を他の人に向けずに、できれば1メートル以上離れましょう。

鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨ててください。また、マスクを着用することでせきエチケットになると同時に、喉の保温にもなります。マスクの着用を心がけましょう。


マスクの着用

せきやくしゃみに含まれたウイルスの侵入を防ぐことができます。また、インフルエンザにかかった人は、人に移さないようにする役割もあります。

日常使われるマスクは、不織布(ふしょくふ)とガーゼマスクの2種類があります。

インフルエンザ予防に有効とされるのは、不織布マスクです。


    プリーツ型マスク写真  立体型マスク写真

 (写真左から)

不織布マスク・プリーツ型

不織布マスク・立体型

 

マスクをつける時のポイント

  1. 鼻の両脇部分に隙間が空かないようにする。
  2. 鼻の上からあご下まで(鼻・口・あごを)しっかりと覆うようにする。
  3. 使い終わったマスクは、表面に触れないようにビニール袋に入れ、口を閉じ捨てる。

マスクの表面には、ウイルスが付いていることがあります。使用中はマスク表面をなるべく触れないようにしてください。マスクをはずす際もなるべく表面には触れずゴムひもを触るようにし、はずしたら手洗いをしましょう。

感染を防ぐため、マスクは1日1枚の使い捨てが原則です。

手洗い・うがい

手洗い

インフルエンザウイルスが飛び散り、ウイルスが付いた場所を手で触り、その手で口や鼻に触れることにより感染することを予防します。


【手洗いの仕方】

手洗い写真1 手洗い写真2 手洗い写真3

(写真左から)

 (1)石けんを泡立て、手のひらをよく洗う。

 (2)手の甲をよく洗う。 

 (3)指先・ツメの間もよく洗う。

 

 手洗い4 手洗い5 手洗い6

(写真左から)

 (4)指の間も洗う。

 (5)親指と手のひらをねじり洗いする。 

 (6)手首も忘れずに洗う。 

 

うがい

のどに付いたウイルスを取り除き、体内にウイルスが侵入・感染するのを予防します。

正しいうがいの仕方

(1)口に3分の1から半分ぐらいの水を含み、正面を向いたまま「ブクブク」っと口の中をゆすぎます。(1回から2回)

(2)口に3分の1から半分ぐらいの水を含み、顔を上に向けて、声を出してのどを洗います。(1回に10秒かけて、2回から3回)

 

十分な睡眠

体力を保つ・免疫力を高めるには睡眠が大切です。睡眠は、免疫を高めるリンパ球(感染しないようにする。感染してもウイルスを殺す働きがある。)が増えるための大事な時間です。十分な睡眠と規則正しい生活を心がけましょう。

バランスの良い食事

 肉・魚・野菜・果物など、いろいろな食材をバランス良く食べることが大切です。バランスの良い食事をすることで免疫力が高まります。


このページの作成担当・お問い合わせ先

市民部 健康福祉課 健康推進係

電話:0949-25-2115 このページの内容についてメールで問い合わせする