直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 児童福祉 > 児童虐待防止について
健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

児童虐待防止について

更新日 2018年03月23日

児童相談所全国共通ダイヤル(189)について

児童虐待をなくし、子どもたちの笑顔を守るため、覚えやすい3桁の番号(189:いちはやく)になりました。
こんなときにはすぐにお電話ください。 最寄りの児童相談所へつながります。

  • もしかしたら虐待を受けているかも…
  • 子育てが辛くて、つい子どもにあたってしまう…
  • 近くに子育てに悩んでいる人がいる…

児童虐待とは

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどをおわせる、溺れさせる など

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう など

 

児童福祉週間について

子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間(5月5日から5月11日)」と定めて、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種行事を行っております。

詳しくは厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

児童虐待防止推進月間について

平成16年度から児童虐待の防止等に関する法律が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」と位置づけ、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、集中的な広報・啓発等の各種取り組みを全国的に行っております。

詳しくは厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

「児童虐待防止推進月間」標語について

子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めて、児童福祉の理念お普及・啓発のための各種事業及び行事を行っています。

児童福祉の理念を広く啓発する標語を全国から募集し、有識者などで構成される標語選定委員会による選考の結果、次の作品を2018年(平成30年)度「児童福祉週間」の標語と決定しました。

最優秀作品 「あと一歩 力になるよ その思い」 (伊藤 里空乃さん 8歳 千葉県)の作品

入選作品  「ああなたがかけた優しい言葉 未来を救う 小さな一歩」 (中見 遥菜 13歳 福岡県)


このページの作成担当・お問い合わせ先

こども育成課 家庭支援係

電話:0949-25-2133 このページの内容についてメールで問い合わせする