健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

児童扶養手当

更新日 2019年04月01日

受給には申請が必要です。

児童扶養手当とは

ひとり親家庭等の生活の安定と児童の福祉の向上のために、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童を養育している方に手当てを支給する制度です。

支給要件

手当ては、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある人・障がいのある人は20歳未満)を養育している母(父)、または母(父)に代わって養育している人に支給されます。

  1. 父母が離婚した児童
  2. 父、または母が死亡した児童
  3. 父、または母が施行令に定める程度の障がいの状態(年金の障がい等級1級程度)にある児童
  4. 父、または母の生死が明らかでない児童
  5. 父、または母から1年以上遺棄されている児童
  6. 父、または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 父、または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 母が婚姻しないで懐胎した児童

平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されました

これまで、公的年金(遺族年金、障がい年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

今回の改正により新たに手当を受け取れる場合

  • お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合        など

厚生労働省ホームページ(外部リンク)


支給額(2019年4月から)

   児童1人  児童2人  児童3人
 全額を支給  42,910円  53,050円   59,130円
 一部を支給  10,120円から42,900円  15,190円から53,030円

 18,230円から59,100円

受給者の所得に応じて、全額支給と一部支給があります。

第2子について、全部支給の額は10,140円、一部支給の額は5,070円から10,130円加算されます。

第3子以降について、全部支給の額は6,080円、一部支給の額は3,040円から6,070円加算されます。

所得の限度額については、福岡県庁ホームページ(外部リンク)をご参照ください。


手当の支払

児童扶養手当は、認定請求をした日の翌月分から支給されます。

原則として、4月、8月、12月にそれぞれの前月分までが支払われます。

手当の一部支給停止措置について

次のいずれか早い方を経過した人は、手当支給額が減額になります。

  1. 支給開始月の初日から起算して5年
  2. 支給要件に該当した日の属する月の初日から起算して7年

上の減額要件に該当していても、次の適用除外事由に該当する人は、確認書類の提出により減額になりません。

支給停止措置の適用除外事由

  1. 就業している
  2. 求職活動等の自立を図るための活動をしている
  3. 身体上または精神上の障がいがある
  4. 負傷、疾病、介護等により就業することが困難である

申請方法

申請窓口

市庁舎2階 こども育成課家庭支援係

必要なもの

請求者および対象児童の戸籍謄本、世帯全員の住民票、印鑑など。

但し、上記以外の書類も必要となる場合がありますので、必ず事前にご相談ください。

その他必要に応じて提出する書類があります。


現況届

現在、児童扶養手当を受けている人が引き続き受けるためには、現況届の提出が必要です。

対象者には、8月上旬に案内文を送付します。8月中に手続きをしてください。

現況届を提出されないと8月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。


このページの作成担当・お問い合わせ先

こども育成課 家庭支援係

電話:0949-25-2133 このページの内容についてメールで問い合わせする