後期高齢者医療制度

更新日 2018年10月25日

平成20年4月1日から、75歳以上の高齢者などを対象とした公的医療保険制度「後期高齢者医療制度」が始まりました。急激な少子高齢化により、老人医療費が増大する中、現役世代の負担を明確化し、公平で分かりやすい制度として、75歳以上の高齢者(一定の障がいがある人は65歳以上)を対象にした医療制度です。


制度の主な内容

対象者(被保険者)  75歳以上(一定の障がい※注1がある人は65歳以上)の人が被保険者となります。
被保険者証(保険証)  被保険者全員に「後期高齢者医療被保険者証」を1枚ずつ交付します。原則として、75歳の誕生日の前月中に保険証をお届けします。
 保険料の負担  所得に応じて決められた保険料を被保険者全員が負担します。原則として年金から天引きします。これまで保険料の負担がなかった被用者保険※注2の被扶養者の人も保険料を負担していただきます。
 制度の運営主体  福岡県内の全市町村が加入する「福岡県後期高齢者医療広域連合」が運営主体になります。
 広域連合の役割  対象者の資格管理、保険料の賦課、医療の給付等を行います。 
 市町村の役割  届出や申請等の窓口業務や保険料の徴収等を行います。 

※注1 身体障がい者手帳1から3級および4級の一部、療育手帳A、精神障がい者手帳1・2級、障がい基礎年金1・2級

※注2 被用者保険とは、政府管掌健康保険、組合管掌健康保険、船員保険、各種共済組合等の総称です。

  

市役所での窓口業務

下記のような場合は、手続きに必要なものをご持参の上、保険課医療保険係(市庁舎1階6番窓口)へお越しください。

【資格取得】

届出内容 必要なもの
県外から転入するとき 印鑑、負担区分証明書(前市町村で交付)、保険証
65歳から74歳の人で一定の障がいにより加入するとき 印鑑、障がい要件を証明するもの(障がい者手帳等)、加入前の保険証
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、生活保護廃止証明書(保護課で交付).

 

【資格喪失】

届出内容 必要なもの
転出するとき 印鑑、保険証
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、保険証、生活保護受給証明書(保護課で交付)


【その他】

届出内容 必要なもの
保険証等を紛失したとき 印鑑、対象者の身分証明書、手続きに来る人の身分証明書
通知書等の送付先の変更をするとき 印鑑、対象者の保険証、手続きに来る人の身分証明書


福岡県後期高齢者医療広域連合お問い合わせセンター

後期高齢者医療制度についてのご不明な点など、お気軽にお電話でお問い合わせください。

受付時間 : 平日  午前8時30分から午後5時30分(土・日・祝休日はお休み)

電話番号 :092-651-3111

FAX番号 :092-651-3901(言語・聴覚等に障がいがある人用)

福岡県後期高齢者医療広域連合のホームページ(外部リンク)


このページの作成担当・お問い合わせ先

保険課 医療保険係

電話:0949-25-2113 このページの内容についてメールで問い合わせする