直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療・年金 > 国民年金 > 国民年金保険料の免除・追納制度

国民年金保険料の免除・追納制度

更新日 2018年06月08日

毎月の国民年金保険料の納付が困難なときは免除の申請が可能です。申請年度の所得に応じて「全額免除」「4分の3免除」「半額免除」「4分の1免除」の4段階の免除があります。申請日より、原則2年1ヵ月前までさかのぼって申請できます。

平成30年度免除の保険料額(月額16,340円)

【本人負担額】

  • 全額免除:0円
  • 4分の3免除:4,090円
  • 半額免除:8,170円
  • 4分の1免除:12,260円

対象者

  • 申請免除の対象者

申請者本人とその配偶者、世帯主の申請年度の前年の所得がいずれも一定基準以下の人

  • 納付猶予制度の対象者

申請者本人とその配偶者の申請年度の前年の所得が一定基準以下で50歳未満の人

申請に必要なもの

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、旅券等)
  • マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載された住民票)
  • 印鑑

注意失業中の人は「雇用保険受給資格者証」または「雇用保険被保険者離職票」が必要です。


追納制度

免除期間の保険料は、あとから納めることができます。保険料の免除の承認を受けた期間がある場合には、将来受け取る年金額が少なくなります。これを補うために、10年以内であればあとから保険料を納めることができ、納めると受給額は減少しません。

注意3年度以降、追納する場合は当時の保険料額に加算金が付きます。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民・人権同和対策課 市民年金係

電話番号:0949-25-2112/0949-25-2110 このページの内容についてメールで問い合わせする