直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療・年金 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品を利用しましょう

ジェネリック医薬品を利用しましょう

更新日 2018年03月13日

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたあとに後発で製造販売され医療機関で処方される医療用医薬品のことです。価格が新薬に比べ低く、同様の有効成分、効能・効果を持ちます。薬局などで市販される一般用医薬品とは区別されます。

 

ジェネリック医薬品を希望されるときは

処方せんに医師のチェックなどがないか確認します

医師が処方せんに変更不可のチェックなどをしないかぎり、患者自身が新薬かジェネリック医薬品かの選択を行うことができます。医療機関で薬の処方せんを受けとったら必ず確認しましょう。

 

薬剤師から説明を受けて選択します。

ジェネリック医薬品を希望する場合は、薬局の薬剤師にジェネリック医薬品の説明を受けましょう。一つの新薬に対して複数のジェネリック医薬品がある場合も多いので、納得がいくまで特徴などの説明を聞いて選択の判断をしましょう。

 

「お試し調剤」からはじめてみましょう

長く飲みなれた新薬を一気にジェネリック医薬品に変更するのは少し不安が残るということもあります。そのような場合は、長期にわたる処方の薬を、とりあえず1週間分の処方にして様子を見るといった「お試し調剤」を受けることもできます。

 

厚生労働省の「ジェネリック医薬品」Q&A(外部リンク)


このページの作成担当・お問い合わせ先

保険課 医療保険係

電話:0949-25-2113 このページの内容についてメールで問い合わせする