「お」のつくのおがた
バックナンバー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お!多賀神社だ

更新日 2019年02月14日

宮木慎次郎さん(市内在住)からのご投稿

多賀神社の屋根の画像

直方市民にはお馴染みの神社ですが、知らない人が多賀神社に接すると、決まって建物の様式美に感嘆します。宮大工の叔父は、多賀神社を観るたびに屋根の曲線美の美しさを讃えます。新鮮な目でもう一度多賀神社を観てみたいものです。


多賀神社の鳥居

一の鳥居の黒ずみはすぐそばを通っていた証拠です。


日若踊り奉納


多賀神社は直方城下町の鎮守とされてきた神社。江戸時代から奉納されてきた「日若踊」は京都葵祭にならった御神幸とともに福岡県無形民俗文化財に指定されています。

桃にまつわる珍しい祭があります。4月中旬の擲桃祭(てきとうさい)はイザナギが黄泉の国から逃れる際に追っ手に桃を3つ投げたところ追っ手が退散し、難を逃れ開運を導いたという古事に由来して、災難厄よけ・開運が多賀神社の御神徳となっています。

     多賀神社 咲き誇る桃の花

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする