「お」のつくのおがた
バックナンバー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上頓野の大桜

更新日 2020年03月12日

上川光明さん(市内在住)からのご投稿

雲取山桜上頓野には樹齢約400年のエドヒガン桜の大木があります。

平地にあり、春にはピンク色のきれいな花が咲き、誰でも近くで見ることができます。

南にそびえる雲取山にちなみ、雲取山桜と名付けています。


エドヒガン桜

福智山桜エドヒガン(江戸彼岸)は落葉高木であり、樹高はおおよそ15から25メートル。名前のとおり春の彼岸ごろに花を咲かせます。ソメイヨシノより早く花がつき始め、花は薄紅色から白、花弁は5枚で一重。他種に比べると一週間から10日ほど早く咲き始めます。

ヤマザクラと共にサクラの中では非常に長寿の種であることが知られており、樹齢2000年を超えるといわれる神代桜や樹齢1500年を超える淡墨桜、樹齢1000年と言われる樽見の大桜、その他にも樹齢300年を越える石割桜などが有名です。ソメイヨシノの片親としても知られています。

場所

主要地方道直方行橋線を竜王峡方面に向かい、上頓野校区自治公民館手前から右手に降りる道を進んでください。

突き当りにある小川内池の近くに立っている看板が目印です。

このページの作成担当・お問い合わせ先

秘書広報課 秘書広報係

電話番号:0949-25-2236(広報) ファックス:0949-22-5107
このページの内容についてメールで問い合わせする