直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > 表敬訪問 > 遠賀川への愛情を表した絵手紙で国土交通事務次官賞を受賞
市政情報
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

遠賀川への愛情を表した絵手紙で国土交通事務次官賞を受賞

更新日 2018年02月27日

表敬訪問の様子国土交通省による「川遊び~川での思い出・川への思い~」をテーマとした絵手紙募集において、直方東小学校4年の仮屋燈永(かりや・ともえ)さんが小学校高学年の部で優秀賞(国土交通事務次官賞)を受賞し、2月24日に報告に訪れました。この募集は昨年7月の「河川愛護月間」に合わせて行われたもので、全国864点の応募の中から県下で唯一の受賞となりました。

仮屋さんの絵を埋めこんだ盾の画像仮屋さんは、野生の動植物や環境変化等を学ぶ遠賀川水辺館の「めだかの学校」に1年生のときから参加していて、プログラムのひとつである「遠賀川を描こう」で描いた作品を応募しました。川で遊ぶ子どもたちとともに、チョウやトンボ、サギといった生物が、水彩絵の具や色鉛筆で描かれています。
   

表敬訪問の様子仮屋さんは「生き物がたくさんいるのが楽しくて、それを描こうと思った。選ばれるとは思わなかった」と語りました。市長は「はがき大という限られたスペースに、川に住む生き物たちがたくさん描かれていて、楽しさが伝わってくる」と感心していました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市政戦略室 政策秘書係

電話番号:0949-25-2212 このページの内容についてメールで問い合わせする