まちの話題
紅葉
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

たのしく!みんなで!手話講座

更新日 2018年03月07日

平成30年3月3日、「耳の日」に合わせて、中央公民館で初心者向け手話講座が行われました。直方ロータリークラブ主催の講座で、手話での簡単なあいさつや自己紹介を学びました。

西尾和宏会長は「コミュニケーションの手段として手話があることは多くの人が知っているが、実際に習得している人は少ない。手話言語条例が制定された直方市で、手話の理解推進と習得に取り組むべくこの講座を開催しました」とあいさつしました。講座に参加した壬生市長は「今日は子どもたちがたくさん参加してくれている。一緒に学べることがとても嬉しい。市としても『いつでもどこでも誰とでも』話せて、多くの市民がコミュニケーションをとれるような地域づくりに励みたい」と話しました。

手話講座の様子 手話講座の様子

この日は講師として直方市特別支援学校の教員8人が参加。「聴覚障がいのある人に対しては、手話や指文字、表情を組み合わせて総合的にコミュニケーションをとることが大事。失敗してもいい」というアドバイスのもと、約100人の参加者たちは「おはよう」「ありがとう」などの挨拶や自己紹介を積極的に学んでいました。

このページの作成担当・お問い合わせ先

企画経営課 ふるさと情報係

電話番号:0949-25-2236 ファックス:0949-24-3812
このページの内容についてメールで問い合わせする