くらし
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

台風対策

更新日 2018年03月14日

台風の基準

日本列島には毎年多数の台風が接近または上陸し、強風と大雨によりたびたび大きな被害にあっています。台風情報に注意して被害が出ないように備えましょう。

気象庁では、北西太平洋域において中心付近の最大風速が風力が階級8(おおよそ毎秒17メートル)以上のものを台風と定義しています。

台風の大きさは<毎秒風速15メートル以上の半径>、強さは<最大風速>であらわされます。

 

【台風の強さと階級わけ】(気象庁より)
階級  最大風速
 強い

 毎秒33メートル以上から毎秒44メートル未満

 非常に強い  毎秒44メートル以上から毎秒54メートル未満
 猛烈な  毎秒54メートル以上

 

【台風の大きさと階級わけ】(気象庁より)
階級  毎秒風速15メートル以上の半径
 大型(大きい)  500キロメートル以上800キロメートル未満
 超大型(非常に大きい)  800キロメートル以上

 

【風の強さと影響】(気象庁より)
平均風速(毎秒)  影響
 10から15メートル  風に向かって歩きにくい。
 15から20メートル  歩くことができない。
 20から25メートル  しっかりと身体を確保しないと転倒する。
 25から30メートル  立っていられない。樹木が倒れ、ブロック塀が壊れる。
 30メートル以上  屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊がはじまる。


テレビ、ラジオからの情報

テレビ、ラジオなど、メディアからの警報・注意報などの情報に注意しましょう。また、電話(局番なしの177)で地元の気象台の発表する情報が聞けます。河川の水位などは、福岡県河川防災情報や携帯電話(http://www.mobile-doboku.pref.fukuoka.lg.jp/)でも知ることができます。

 

身近な環境の変化

近くの川やがけなどの変化を注意することも大切です。異変を感じたら急いで避難しましょう。

 

消防署、警察署、市役所からの情報

消防署、警察署、市役所からの情報を十分活用しましょう。

また、地元の消防団などの人はその土地に古くから住んでいる人が多く、過去の災害などの情報を持っているのでその指示にも耳を傾ける必要があるでしょう。

 

家庭での備え

台風や大雨などが近づいても、実際に対策を立てている人は少ないようです。強風や大雨による被害を最小限にするには、一人ひとりの日ごろの心がけが大切です。

気象情報をキャッチしたら、建物や塀、看板などの安全点検を始め、貴重品や非常持ち出し品などの準備を行うなど、十分な対策を立てておきましょう。

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務・コミュニティ推進課 安全安心まちづくり係

電話番号:0949-25-2223 ファクシミリ:0949-24-3812 このページの内容についてメールで問い合わせする