直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > くらし > 住宅(移住・定住) > 直方市木造戸建て住宅耐震改修補助金
くらし
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

直方市木造戸建て住宅耐震改修補助金

更新日 2018年04月02日

震災に強いまちづくりの実現のため、市内の木造戸建て住宅の耐震改修工事を行う場合に、経費の一部を補助金として交付します。


対象住宅

次のすべてに該当するもの

  • 市内に存在する木造戸建て住宅である
  • 昭和56年5月31日以前に建築または工事着工したものである(昭和56年6月1日以後に増築等を行ったものを含む。)
  • 耐震診断により、建物の上部構造評点が1.0未満である
  • 現に居住者がいる
  • 建築基準法および関係法令の規定に違反していない
  • 市内の施工業者が耐震改修工事を行うものである
  • 平成31年2月28日までに工事が完了し、実績報告書が提出できる

対象者

次のすべてに該当する人

  • 過去にこの補助金の交付を受けていない
  • 対象住宅の所有者である
  • 市税の滞納がない(所有者および居住者全員)
  • 暴力団員でない(所有者および居住者全員)

耐震診断

この補助金を受けるためには、まずは耐震診断を行い、住まいの耐震性が十分かどうか調査する必要があります。

福岡県では、耐震診断を行う「耐震診断アドバイザー制度」があります。詳しくは、下記まで問い合わせください。

対象

昭和56年5月以前に着工された木造戸建て住宅

費用

1件あたり3000円

申込・問い合わせ

派遣事務局(春日市クローバープラザ内)(電話 092-582-8061)

 

耐震改修工事

耐震改修工事とは、耐震診断の結果、上部構造評点(建物の構造強度)が1.0未満である木造戸建て住宅について、建物全体または1階部分の上部構造評点が1.0以上になるよう補強する工事およびこれに伴う耐震設計(工事監理含む)をいいます

補助金額

補助金の額は、60万円を上限とし、耐震改修工事に要する費用の額の40パーセントに相当する額と延べ床面積に1平方メートル当たり3万3500円を乗じて得た額の40パーセントに相当する額のいずれか低い額とします。ただし、算出した額に1000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額とします

受付開始日

平成30年4月3日


申請手続き

  • 申請書の様式等は、市役所住宅課に準備しています。
  • 予算枠(120万円)に達したときは、その地点で受付を締切ります。
  • 申請の前に補助対象の確認等のため、事前協議が必要です。下記の問い合わせ先までご相談ください。
  • 手続きのながれは、「直方市木造戸建て住宅耐震改修補助金交付のながれ (30KB; PDFファイルPDFファイル)」を参照してください。

注意点

申請前に着工した工事やすでに完了した工事は補助対象外となります。また、補助の対象となっても、「補助金交付決定通知書」が交付されるまでは、工事に着手することはできません。


補助金申請受付状況

 

申請受付件数 補助金予算額 交付申請金額 補助金残額

0件

1,200,000円

0円

0円

 
 
 
このページの作成担当・お問い合わせ先

住宅課 住宅管理係

電話:0949-25-2262 このページの内容についてメールで問い合わせする