カラス対策にご協力ください

更新日 2018年01月19日

ごみステーション(ごみを出す場所)がカラス等の被害によりごみが散乱し、多くの人が迷惑しています。カラスにとって、家庭から出される生ごみは「おいしいごちそう(エサ)」です。カラスは嗅覚ではなく「視覚」でエサを探しています。そのため、次の点がカラス対策のポイントです。

最も大切なのは住民の皆さんがマナーを守ることです。次の具体例を参考に、地域をきれいにしましょう。

ごみ出しルールを守る

指定袋の口をきちんと結んで、収集日の朝8時30分までに出しましょう。

中身を隠してごみを出す

生ごみは十分に水切りをし、新聞紙等で包んで出しましょう。

防鳥ネットを利用する

目の細かいネットでごみを覆い、風にあおられないよう、おもりをつけましょう。

注意ネットは市では配布していません。ステーションごとに用意してください。


このページの作成担当・お問い合わせ先

環境業務課 庶務係

電話番号:0949-26-4992 このページの内容についてメールで問い合わせする