直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > くらし > 税金 > 市税の証明書の請求・届出 > 市県民税および納税の証明書の交付請求方法
くらし
この階層のメニュー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

市県民税および納税の証明書の交付請求方法

更新日 2018年03月12日

請求に必要なもの

窓口へ来庁する場合

  • 税務証明交付請求書
    必要事項を記入のうえ、税務課市民税保険税係(1階10番窓口)へお出しください。
  • 委任状等
    代理人の場合は委任状等が必要です。詳しくは下記「請求の際の印鑑および委任状について」をお読みください。
  • 本人確認書類
    窓口にお見えになった方の本人確認が必要です。運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳、住民基本台帳カード、外国人登録証明書、年金手帳、健康保険証などをお持ちください。有効期限のあるものは、期限内のものに限ります。また必要に応じて、口頭による質問をさせて頂く事がありますので、その際はご協力ください。


郵送で請求する場合

  1. 税務証明交付請求書
    必要事項と、請求者の住所欄に日中に市役所から連絡が取れる電話番号を必ず記入してください。
  2. 手数料
    直方市は1通300円(車検用納税証明のみ無料)。市町村によって異なりますので、詳しくは請求先の市町村におたずねください。
    定額小為替(郵便局で購入できます)を同封するか、現金書留で送付してください。切手や収入印紙では受付できません。
  3. 返信用封筒
    82円切手を貼り、返信先を記入したもの。速達を希望する場合は、速達料金分の280円を加えた362円分の切手を貼り、「速達」と朱書きしてください。 
  4. 委任状等
    代理人の場合は委任状等が必要です。詳しくは下記「請求の際の印鑑および委任状について」をお読みください。 
  5. 本人確認書類
    請求書を記入された方の本人確認が必要です。運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳、住民基本台帳カード、外国人登録証明書、年金手帳、健康保険証などの写しを請求書に添付してください。有効期限のあるものは、期限内のものに限ります。
     
    以上のものを同封のうえ、必要年度の1月1日時点での住所地の市区町村役場へ請求してください。
    直方市の場合は、下記まで送付してください。

送付先および問い合わせ先

〒822-8501 福岡県直方市殿町7番1号

直方市役所 税務課 市民税保険税係 (電話 0949-25-2141)

税務証明交付請求書はこちら (111KB; PDFファイルPDFアイコン)


請求の際の印鑑および委任状について

納税者本人または住民票上で同世帯の人が請求する場合 窓口に来られる方の印鑑(請求をされる方)と本人確認書類をお持ちください。
法人の場合 法人登記している代表者印の請求書への押印が必要です。あらかじめ請求書に押印するか、窓口までお持ちください。
窓口に来られる方(請求をされる方)の印鑑と本人確認書類が必要です。
代理人が請求する場合 委任状等、納税者の代理人であることが確認できる書面(委任者の印鑑を押したもの。代理人選任届等)を提出してください。 
窓口に来られる方(請求をされる方)の印鑑と本人確認書類をお持ちください。

 

代理人届等はこちら (36KB; PDFファイルPDFアイコン)

 

注意事項

  1. 「どなたの何が必要ですか」の住所欄に証明する年度の1月1日の住所を記入してください。例えば、平成17年度所得証明(平成16年収入分)を請求する場合は、平成17年1月1日の住所を記入してください。 
  2. 複数年度の証明を希望する場合には、平成()年収入分や平成()年度分のカッコの中に必要な年や年度を記入してください。
  3.  車検用の軽自動車税の納税証明は、その軽自動車について未納の税金があるときは交付できませんのでご注意ください。また、車両番号は「筑豊50あ9999」のようにすべてを記入してください。下4桁の数字だけなどでは発行できません。 
  4. 金融機関等で支払って10日以内の税金に関して納税証明が必要な場合、領収書のコピーか引き落とし通帳のコピーを併せて送付してください。 
  5. 所得証明は、請求したい年分の翌年の6月1日以降しか発行できません。(6月1日が土曜日、日曜日にあたる場合は翌月曜日)
    例)平成17年分の所得証明・・・平成18年6月1日から発行 
  6. 代理人が請求する場合には、委任状など納税者の代理人であることを確認できる書面の提出が必要です。ただし、代理人が現在の住民票上で同居の家族の場合は委任状は不要です。

 

手数料(直方市の場合)

証明の種類 内容 手数料
所得・課税証明 指定された年の所得および控除と、その所得に対する市県民税の課税額の証明 300円
納税証明 指定された年度の納付状況の証明 300円
非課税証明 市県民税が非課税である証明 300円
軽自動車税納税証明(車検用) 該当車両の税金に未納がない証明 無料
完納証明 請求者の税金に未納がない証明 300円

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

税務課 市民税保険税係

電話:0949-25-2141 このページの内容についてメールで問い合わせする