直方市公式ホームページ

ナビゲーションバーをスキップして本文へ

誰もが輝き、笑顔つながるまち
文字サイズ
背景色
ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康づくり > 健康づくりレシピの紹介 > 豆腐とトマトの和え物(食物繊維が摂れるレシピ)
健康・福祉・子育て
子供とたんぽぽ
この階層のメニュー
Acrobat Readerリンクバナー

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

豆腐とトマトの和え物(食物繊維が摂れるレシピ)

更新日 2018年03月23日


材料(4人前)(1人前77kcal)

  • 絹ごし豆腐:400グラム
  • トマト:160グラム
  • 貝割れ大根:40グラム
  • ザーサイ:20グラム
  • しょう油:小さじ2
  • 酢:大さじ1
  • ねぎ:15グラム

(1)豆腐は一口大の角切りにし、冷やしておく。

 

(2)トマトは皮を湯むきして種を除き、豆腐に合わせて角切りにする。貝割れは半分に切る。

トマトの湯むき写真

 

角切りにしたトマトの写真

(3)ザーサイは洗って塩けを落とし、みじん切りにする。

ザーサイをみじん切りにした写真

(4)ねぎは小口切りにし、調味料と合わせておく。

ねぎを刻んでいる写真

(5)器に水けをよくきった豆腐を盛り、トマト、貝割れ大根をちらし、ザーサイを盛りつけ、食べる直前に(4)をかける。

豆腐とトマトの和え物写真

~健康メモ~

食物繊維って何?

 食物繊維とは、食材や植物に含まれており、ヒトの消化酵素では消化することができない物質です。水に溶ける「水溶性」のものと、水に溶けない「不溶性」のものがあります。


食物繊維を摂ると、どんないいことがあるの?

食事で摂った糖を体内での消化・吸収をゆるやかにし、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。ひいては、糖尿病の予防につながります。糖尿病予防の効果を上げるポイントは、食事の一番はじめに食物繊維を含む食品を食べることです。

コレステロールとくっついてそのまま排出してくれるため、血中のコレステロールが高くなるのを防ぎ、動脈硬化の予防にもつながります。

また、お腹の中で水分を吸って膨らむため、満腹感を得やすくなります。便通を良くし、便が大腸に滞在する時間が短くなり、大腸の粘膜を刺激される時間も短縮されるため、大腸がんの予防にもつながります。

 

食物繊維の機能を図解

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民部 健康福祉課 健康推進係

電話:0949-25-2115 このページの内容についてメールで問い合わせする